男の薄毛やハゲは何歳までコンプレックスになるのか?

男で髪の毛が薄いと思われるのは辛いと若い人は言う。

でも若いのも今だけ。

若い年齢の人もいずれは40代、50代、60代と年齢を重ねていく。

で、実際にその年齢になったら今の髪の毛が少ないという悩みは解消されているのか?

こんな年齢だから、もう髪の毛が無くても平気と素直に思えるのだろうか?

若いときには、誤解をされることも多いというのがネット上の書き込みにも目立っている。

女性にモテないとか結婚するより以前に彼女が出来ない理由は禿げているからだと嘆く人も多い。

でもそれって本当にそうでしょうか?

若い時も年齢と禿げは関係ない

 

結局ネット上を見ていると、こんな言葉が飛び交っている。

遺伝。

自分の父親はハゲていたのか?

自分のおじいちゃんはどうだったのか?

子供が悩む時、親からの遺伝のせいだと思われるのもまたつらいですよね!

社会人の中での生活でも十分いろいろなストレスを経験する子育て世代。

ちょうど子供の受験やら卒業、入学などいろいろな家計も負担が多くなる時期。

親に向かって禿げたのは遺伝でしょ!なんて言われたら?

正直苦労している自分をどこまで落ち込ませるのかと悩まされている父親もいる。

結局いくつになってもはげてきたという事実を受け入れるのはしばらく時間がかかるのも現実なのかもしれない。

生きていく中で、おじいちゃんになっても結局今度は孫からの言葉が待っている。

こうして考えていくと、いつまでたっても自分がハゲているという事実は隠したくなる時代何だと思ってしまう。

だったら、少しでも禿げないように治療をしておいて、その年齢になっても自分の遺伝ではないということにしておく環境を選びたいと思う人もいる。

それが、aga治療を受ける人たちの思いなのかもしれない。

自分がこの先何年生きていくのか?

その間に何人の人に薄毛や髪の毛が薄いことを指摘されていくのか?

こんなことを考えてしまうと、生きていくのが切ない。

だったら、少しでも治せる時には治しておくほうが精神的にも楽になれるのではないでしょうか?

男の悩みは静岡中央クリニック

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ